• ホーム
  • まつ毛が薄くなったり切れやすくなるのは目元への過度な負担が原因

まつ毛が薄くなったり切れやすくなるのは目元への過度な負担が原因

2020年03月09日
目が美しい女性

化粧やマツエク、つけまつ毛やまつ毛パーマをすることで、目元の印象をもっと理想に近いものにしたいと思ってケアをしているのに、まつ毛が薄くなったり切れやすくなったりしてしまったという方も多いのではないでしょうか。いつでも理想の長さや量を保つためにも、化粧や日々の美容には気を使っているのになぜかまつ毛が薄くなったり切れやすくなったりするという方は、実は目元への過激な負担が原因となっているかもしれません。

まず負担をかける原因の一つが、ビューラーです。化粧をするときにビューラーを使ってまつ毛をあげているという方も多いと思いますが、その時に引っ張りすぎたり強く挟んだりすると、それが原因で負担となってしまう可能性があります。ビューラーをするにしても、適度な力加減で行うのが大切です。また、ビューラーのゴムの部分が古くなっていると、それも負担の原因となるのでビューラーのゴムはこまめに取り換えるようにして、負担を最小限に出来るようにしましょう。

また、目元への過度な負担となり得るのが、クレンジングや洗顔です。目元の化粧を落とすときや顔を洗うときに、あまり力を入れて洗ってしまうと、それがダメージの一因となってしまう可能性があります。まつ毛を含めた目元は全体的に繊細な部分なだけでなく、化粧が落としきれていないと、それもダメージの原因となってしまうので優しく丁寧にクレンジングや洗顔を出来るようにしましょう。

そして無意識に目を擦ってしまう行為も、まつ毛が薄くなる原因のひとつです。花粉症の時など目がかゆくてつい目をこすってしまうということもあるかと思いますが、それも出来るだけしないように意識することで、まつ毛を綺麗に保つことが出来るようになるかもしれません。意識してみると意外と癖になっているということもあり得るので、一度自分が目をこすっていないか注意してみるのもいいかもしれません。

まつ毛が薄くなったり、切れやすくなるといっても、色々と要因がありますが、一言で言うと目元に過度な負担を与えてしまっていることが原因となっていることが多々あります。化粧やクレンジングで綺麗になろうとしているのに、それが過度になってしまうと、かえってダメージの原因となってしまうことがあります。出来るだけ負担を与えないよう意識することで、今よりもっと理想に近づけるかもしれないので、負担の原因を追求して改善してみるのも、理想のまつげを作る第一歩になりますよ。